carrier making

キャリアウーマンの妻を持った後悔

私の離婚した妻はキャリアウーマンでした。

交際期間中は重い病気にかかってしまった為、妻はドクターストップで働くことができませんでした。

妻の病気は難病です。交際している時、何度も発作が出てしまい弱々しい彼女の姿に「私が守ってあげなくては」と強く感じるようになりました。

難病を患う前の妻は、相当仕事ができる女性だったと耳にしたことがあります。

元々、アパレル業のバイヤーをしていた妻は毎日、色々な県に行き、休みをとることなく仕事に没頭していたそうです。

そんな姿は想像できない程、弱ってしまった妻でした。

交際1年で私たちは結婚しました。

結婚してからも妻の難病の症状はなかなか改善されませんでした。

結婚生活も妻の病気中心になってしまったので、妻にとっては「迷惑をかけている」と心配になったのでしょう。

「貴方に申し訳ないから離婚したい」と仄めかすようになってしまいました。

しかし、そんなことでは離婚などしたくありません。

私は妻を一生支えていくと心に決めていました。

 

結婚して3年後、難病を和らげることができる治療が見つかりました。

私も妻も大喜びで、すぐに治療に取り掛かりました。

治療の結果、難病の発作は殆ど起きなくなりました。

治療費として多額の金額を失ってしまいましたが妻の健康には変えられません。

私は仕事を今まで以上に頑張ることを決意しました。

しかし、妻は身体の調子が良いので社会復帰をすると言ってきました。

私は身体が心配だったので反対をしましたが、どうしても仕事がしたいという彼女の強い意志に負け、折れてしまいました。

この時、私が反対の気持ちを押し通していれば妻と離婚することなく、結婚生活を送れていたのかもしれません。

 

妻は以前勤めていたアパレル企業に復帰し、再びバイヤーとなりました。

生き生きと頑張っている妻に対し、私も嬉しかったのですが、妻は家に殆ど居ない状態が続くようになりました。

お給料も私より多く貰っているので私の立場などありません。

仕事に追われる妻を見る度、自分に自信がなくなっていきました。

このまま夫婦の生活が成り立たないのであれば離婚することも考えなければいけません。

 

キャリアウーマンと聞いていたが、まさかこれ程とは思いませんでした。

妻が出張から帰ってきた日に私は仕事を辞めて家庭に入るよう伝えました。

しかし、妻の表情は厳しくなり、「私の生き甲斐を取り上げないで。家庭に入るくらいなら離婚した方がまし。」と言い放ちました。

私との生活より仕事を選んだのです。

この発言がきっかけになり、私の心の中にも「離婚」というワードが飛び交うようになりました。

 

妻との関係は修復にないまま半年が経ち、離婚が成立しました。

もし、妻があのまま難病に悩まされていたら離婚などせず、私の傍にいてくれたのでしょうか。

そんな残酷な考えすら持ってしまう情けない私です。